STAFF

新潟県五泉市の歯医者さん 浅井歯科医院の院長挨拶

 

理事長:浅井 豊

1982年に五泉駅前に歯科医院を開院し35年が経過いたしました。当初より通院いただいた患者さん方には大変感謝をしております。息子がこの地に戻ってきたこともあり院長を引き継ぎましたがこれからも地域の皆様のそばに寄り添えるような歯科医療の提供を心がけ現役を続行する次第でございます。これからもよろしくお願いいたします。

趣味:ゴルフ、トレーニング、料理

院長・理事:浅井 佑介

この程歯科医院の改築を行い、息子である私が院長を引き継ぎました。
より皆さんに愛され身近に感じていただけるような歯科医療の提供を行って参りたいと思います。今後とも宜しくお願い致します。

趣味:バスケットボール、映画鑑賞、油絵、温泉巡り、低めの山の登山、味が濃い目の日本酒、歯科



<浅井歯科醫院のミッション>

当院は子どもたちが遊びに行きたくなるような「かかりつけ歯科医院」を目指しています!私たちは常に「勉強・技術向上・遊び心」への努力を惜しまず、色々な角度から子どもたちにアプローチしていきます。また、お父さんお母さんの歯科知識向上のお手伝いをさせて頂き、心を込めた歯科医療を提供します。歯科医療が子どもたちのお口の健康にとどまらず、心と体の健康につながり、さらに地域社会に貢献できるよう継続的にサポートしていくことをお約束します。

〈院長のつぶやき〉

歯科医療は一生涯お付き合いさせていただく医療と考えています。毎日食事をして上手に歯磨きをしているだけでは口腔衛生面は良い状態が保てたとしても、歯はどんどんすり減っていきますしヒビが入ってきます。歯だって体の一部とはいえ物なんだから何かしら変化はる起こるものなのです。歯を失う原因だと昔から言われてきた虫歯・歯周病は現在でも存在はしますがこの問題を抱えている方は以前に比べれば少なくなってきています。日本の歯科医療のコンセプトが「歯を治療する」から「歯を守る・予防する」にパラダイムシフトしたからなんです。しかしながら、その影に隠れて歯科医師の頭を悩ませていた「咬む力」の問題がここにきて大きくクローズアップされてきました。虫歯もない、歯周病もない、だけど歯を失ってしまうというのです!!これは困りましたね。とにかく顎を鍛えるため?に硬いもの(せんべい、ナッツ等)を好んで食べていませんか?歯は固くて丈夫ですが摂取頻度が多いと歯が割れたりかけたりしてとっても大切な歯を「力」のせいで失ってしまいます。何をどれくらいの頻度で摂取するべきか、かみ合わせのトラブルは起きていないかまでは日常生活の中では気づきにくい問題なのです。それを踏まえるとただ歯医者さんに行ってクリーニングしてもらうだけでいいものなのかちょっと心配になってきすよね(汗)。私もどうやら食いしばる癖があるようで結構歯がすり減ってきてるんです。たまにはかみ合わせのチェックをして必要があれば何かしら対策が必要ですね。皆さんもかみ合わせのトラブルにはお気をつけください。

さて、難しい話は置いておいて、とにかく継続的な通院ができるよういろいろと楽しいイベントを行ったり、おもしろ歯科グッズを取り揃えたりして楽しい雰囲気づくりをしていきますよー☆



院長略歴

2002年  新潟県立新津高校卒業
2008年  明海大学歯学部歯学科卒業
2008年  明海大学付属明海大学病院
 歯科医師臨床研修(〜2009年)
2009年  明海大学歯学部
 オーラルリハビリテーション学分野入局
 PDI診療センター勤務(〜2013年)
2013年  新潟大学大学院医歯学総合研究科
 組織再建口腔外科学分野入局(〜2017年)
2015年  富山県立中央病院歯科・口腔外科勤務(〜2016年)
2017年  新潟大学大学院医歯学総合研究科修了
 (歯学博士学位取得)
2017年  浅井歯科醫院勤務

 

所属学会・資格

日本口腔インプラント学会
日本口腔外科学会
日本顎咬合学会

 

厚生労働省 歯科医師臨床研修指導医

文部科学省後援 色彩検定2級

 

  

 

 

 

IMG_7684_2.JPGIMG_9754.jpgIMG_1110.JPG